男の人

医師におすすめの節税対策|不動産を所有する

ふるさと納税を知ろう

電卓と硬貨

ふるさと納税という言葉は聞いたことがあるけど、いまいち仕組みがわかっていない人など多数いるかと思います。ふるさと納税は知れば知るほどお得に感じる制度となっています。まず、ふるさと納税は平成20年から始まっており、現時点で利用者は約13万人以上、寄付金の総額は141億円程度となっています。多くの人が利用していることがこの数字を見てわかりますね。ふるさと納税は納税と言葉がついていますが、実際には納税ではなく地方自治体に対して寄付金のことを示しています。多くの人が利用しているのには理由があります。このふるさと納税を利用することで色々とお得になることが出来てるので見てみましょう。
まず、所得税や個人住民税を安くすることが出来ます。ふるさと納税を行なうと、寄付を行なった金額の2千円を超える部分は所得税と個人住民税から全額が還付や控除することが出来ます。つまりは、自治体に5万円の寄付を行なうと、所得税と個人住民税があわせて4万8千円安くなることにあります。次に、その地域の特産品がお礼品としてもらえることが出来ます。このお礼品が話題になっており、色々な種類のお礼品があります。その地域でしか食べることが出来ない食材や普段はあまり購入しない高級食材などがあります。また、最近のお礼品では掃除機や電子レンジなどの家電製品も扱っており、人気となっています。自治体によってはパソコンやカメラ、スマートフォン端末をお礼品として設定しているところがあるので、寄付した以上にお得なお礼品を受け取ることが出来るのです。以上がふるさと納税がお得と感じる点となっています。気になる方はふるさと納税を始めてみるのも良いでしょう。