婦人

医師におすすめの節税対策|不動産を所有する

グルメポイントとは

ふるさと納税のお礼品の中には家電製品を受け取ることが出来る自治体もあります。また、新しい制度としてここ最近でグルメポイントの制度が誕生しました。とても魅力たっぷりな制度となっています。

節税を行ないたい

医者

一般的に医師の職業の人は収入が高い分、多額の税金を納めています。そこで、医師が節税を行なうにはどうすれば良いのか確認してみましょう。有名な節税方法としては、医師が不動産を所有する不動産投資になります。不動産投資は、マンションの1室やまるごと1棟の買い取りを行ない、それらを第三者に貸し出すことで家賃などの収入を得ることが出来る投資となっています。この不動産投資により節税を行なう医師が多くいます。なぜなら、物件に関係するローンの金利や減価償却費、固定資産税などの色々な費用を経費として計上を行なうことで、課税所得の削減を図るためです。特に、物件購入した初年度だと、登録免許税や不動産所得税などで、額の大きい項目を含むことが出来るので節税効果も高くなると言えるでしょう。主に医師が行なう不動産投資のメリットは、資産を作りながら合わせて節税も行えることでしょう。逆にうまく不動産を運用しなければ、損をしてしまうことがデメリットとしてあげられます。
また、他にも節税対策はそのうちの1つのふるさと納税を利用して行う節税があります。ふるさと納税は、自分が選んだ自治体に地域に税金を先に支払うことで、その金額に応じたお礼品をもらうことの出来る制度になっています。ふるさと納税では、大体2000円ほどの負担で、その地域ならではのお礼品を受け取ることが出来るのが魅力的です。税金はちゃんと払わないともちろん罪に問われます。しかし、医師など高額な税金を払っている場合などは、うえの方法などで節税を行なうことも出来ますよ。

おすすめリンク

  • 徹底解説!医師の資産形成マニュアル

    不動産投資は医師の節税に最適なんです!こちらのサイトで詳しい情報が紹介されているので、ぜひご確認ください。

お得なポイントシステム

ふるさと納税のポイントシステムがお得だと話題になっています。自治体に寄付を行ない、ポイントが発行されたら有効期限内であればいつでもお礼品を申し込むことが出来ますよ。

ふるさと納税を知ろう

ふるさと納税は平成20年から開始されており、現在まで多くの人々が利用しています。ふるさと納税を利用することで、税金が安くなったりその地域の特産品のお礼品を受け取ることが出来るお得な制度です。